どどんとふむせる

むせる支援窓口


はじめに

まずはこのようなページに目を留めていただきまして誠にありがとうございます。

私、「むせる」オーナーの立場を預からせていただいております「くまかば」と申します。中身はごく普通のアラフォーメタボな一般人でございます。ちなみに本業面ではTRPG含むアナログゲーム業界と(たぶん)ほとんど関わりを持っておりません。単なるファンプレイヤーの一人であります。

そんな私がうっかり立てましたTRPGオンラインセッション用サーバー どどんとふ「むせる」 は「オンラインセッションの公民館的な何か」を目指して2012年11月8日に公開。一時どどんとふ公式サーバーとして名を連ねた後に、独自機能などの試験的実装を優先する方針への変化から「亜種」として分派。以来、趣旨はさておき私の趣味趣向の赴くままに手を加えていったところ、気が付けば2015年3月現在、週トータルで3000人以上、週末の夜には常時500人強にご利用いただく程の規模となりました。公開当初は50人でヒーコラいっていた事を思いますと、随分と良い経験の蓄積をさせていただいていると感じております。

いままで金銭の類の授受を全てお断りさせていただいておりましたのは、この「良い経験」を頂いている上に更に何かを頂くのは忍びない、という私の小心故の我侭でございました。

しかしながら昨今のオンラインセッション人口・頻度の増加、ユーザー層の多様化に伴い、運営に必要とされるリソースも急増。それを心配くださった方々よりご支援のお話を頂くにあたり、考えを改め、より多くの人が、より長く、より安定した「安心して使えるオンセ環境」(手段は「どどんとふ」に限りません)を、「妥当な対価」をもって手に出来る将来を模索するため、そしてその仕組みの「礎」の構築を試みるにあたり、皆様のお力を頂こうと考えた次第です。

ゴチャゴチャと申し上げましたが、要は我々「むせる」運営に対し「いいぞ、もっとやれ」と思って頂ける方は、是非ご支援に参加いただければと、そういう話でございます。みんなで幸せになりましょう。

「むせる」運営代表 くまかば(@kumakaba)

注意事項

ご支援に関しましては以下の注意事項をよくお読みください。

注意事項を確認、承諾した上で、